ささえあいブログ

ダイオーズOCSチェーン OCS城北 住民とお互いに、自然と居心地のいい空間をつくる

  • 2020年04月13日

「顔も知らなかった」総勢60人を繋ぐ企業

事業所向けにコーヒーサービスなどを手掛ける「ダイオーズ」(一ツ家3丁目)は、ほぼ年中無休で、地域の方が気軽に来られるように、オフィスを開放しています。

「いつ行っても開いている」「自由に過ごせる」、そんな生活に合わせて自分らしく居られる場所だから、大勢の人が集います。

ここで知り合った常連さん同士で日頃から支え合ったり、心配な人がいれば社長の新里さんから地域包括支援センターに連絡をしたり、常連さんが事務所のお手伝いをしてくれたり、一人でコーヒーを飲みに来たり、過ごし方が自由なこの空間は、安心・安全な地域の居場所になっています。

コーヒー代が地域の子ども達の支えになる

「ダイオーズ」では、50円のコーヒーを一杯飲めば、その後は無料で飲むことができます。支払ったお金は、地域の子ども食堂やイベントに寄付され、街を豊かにしていく資源のひとつとなります。

一ツ家には、自身の会社の強みを活かして、人の集まる居場所を作り、地域に還元していく循環型のいい空間ができていました。

社長の新里さんは「民間企業も、こうした社会貢献ができることを伝えたい」と話されていました。

取材者メモ

社長の新里さんの心意気とやりくり上手さと、常連さんの気配りが、気持ちのよいこの空間を作り出しているように感じました。

広報誌

広報誌 一覧

あだち社協

ボランティあだち

LINEスタンプ