足立区社協のお仕事

生活支援課

生活支援課とは?

低所得世帯や障がい者世帯、高齢者世帯に無利子または低利で福祉資金・教育支援資金等の他、緊急小口資金貸付を行っています。また、失業等により生計の維持が困難となった世帯に対し、世帯の自立を支援することを目的として、生活再建までの取組みへの支援と生活費等の貸付を行う総合支援資金があります。

さらに、平成15年4月より高齢者世帯を対象とした不動産担保型生活資金の貸付を行っています。土地・建物を所有し、将来にわたりその住居に住みつづけることを希望する高齢者に、その土地、建物を担保として生活資金の貸付を行う制度です。なお、生活保護世帯の場合は、要保護世帯向け不動産担保型生活資金があります。

その他、車いすの貸出し、シルバーステッキの支給、ひとり暮らし高齢者宅へ乳酸菌飲料を配達することにより安否確認を行うおはよう訪問等の事業も行っています。

事業内容

生活福祉資金貸付事業

生活福祉資金貸付制度は、所得の少ない世帯、障がい者や介護を要する高齢者のいる世帯に対して、その世帯の生活の安定と経済的自立を図ることを目的に、資金の貸付を行うものです。

生活福祉資金貸付

低所得世帯や障がい者世帯、高齢者世帯に無利子または低利で福祉資金・教育支援資金等を行います。

緊急小口資金貸付

低所得世帯における緊急かつ一時的な資金需要に応えるため、緊急小口資金の貸付を行います。

総合支援資金

失業等により生計の維持が困難となった世帯に対し、世帯の自立を支援することを目的として、生活再建までの取組みへの支援と生活費等の貸付を行います。

不動産担保型生活支援資金貸付

土地・建物を所有し、将来にわたりその住居に住みつづけることを希望する高齢方に、その土地、建物を担保として生活資金の貸付を行う制度です。なお、生活保護世帯の場合は、要保護世帯向け不動産担保型生活資金があります。

各種パンフレット

おはよう訪問事業

ひとり暮らし高齢者宅に乳酸菌飲料を毎日配達することによって、安否を確認するとともに孤独感の緩和や緊急事態に対応するための事業

実施内容
  1. 月曜日から金曜日までの毎日の訪問です(土・日・祝日、年末年始、夏季休業期間の訪問はありません)。
  2. ヤクルトを手渡して、安否確認を行います。
  3. 配達員による利用者への手渡しが原則ですが、不在のため手渡しできない時は郵便ポスト等あらかじめ決めた場所にヤクルトを置いておきます。
  4. 配達員が利用者宅を訪問した時、前日のヤクルトが残っていますと、安否確認の依頼が入ります。
  5. ヤクルトの経費は社会福祉協議会が負担します。
対象者

次のすべての項目に該当された方が対象となります。

  1. 区内に居住するおおむね70歳以上の高齢者の方
  2. ひとり暮らしの方(シルバーピア等は対象外です。)
  3. 500m以内に身内のいない方
  4. 緊急通報システムを取り付けてない方
  5. 介護保険等の利用により日々の安否確認がされていない方
    (月~金までの5日間毎日介護サービス等を受けていない方)

※オートロック式の集合住宅にお住まいの方は、ご利用方法等ご相談させていただきます。

申請方法

申請書は足立福祉事務所(中部第一福祉課、中部第二福祉課、千住福祉課、東部福祉課、西部福祉課、北部福祉課)、社会福祉協議会生活支援課にて配布および社会福祉協議会HPよりダウンロードできます。

申請書に対象者の情報をなるべく詳しく記入した後、担当地域の民生委員との面会を得て、署名捺印をもらい社会福祉協議会生活支援課へ提出します。

※緊急連絡先は必ずご記入下さい。

注意事項
  1. 外泊等で不在になる時は、登録決定後にお渡しするリーフレットに書いてある電話番号に一時中止してほしい旨を伝えて下さい。連絡先は城北ヤクルト販売㈱、社会福祉協議会どちらでも可能です。
  2. 手渡しで受取れなかった日も郵便ポスト等に届けてあるヤクルトを取り入れることで、安否確認できるので、取り忘れには気を付けてください。
  3. ヤクルトの品質が悪くなるので、早めに取り入れてください。

その他、詳しいことをお聞きになりたい方は下記までお問合せ下さい。

シルバーステッキ支給事業

高齢者の歩行を助長し、安全を図る杖を無料で支給する事業

対象者

足立区在住の65歳以上の歩行に不安のある方に対して支給します。

申請場所

足立福祉事務所(中部第一福祉課、中部第二福祉課、千住福祉課、東部福祉課、西部福祉課、北部福祉課)、高齢福祉課、地域包括支援センター関原、社会福祉協議会生活支援課

申請方法

受付窓口で申請書を記入後お持ち帰りいただけます。(代理の方でも申請可能ですが、代理の方の本人確認ができるものをお持ちください)

支給杖種類

83cm(短) 87cm(長)の木製の一本杖です。(先端のゴムを外して切ることで長さの調整ができます)

車いすの貸出し事業

一時的に車いすが必要な歩行困難な方に、寄付された車いすを無料で貸し出す事業

対象者

車いすが一時的に必要な区民、並びにボランティア、ボランティアグループ、学校の総合学習などにもご利用いただけます。 

申請・貸出場所

社会福祉協議会生活支援課、総合ボランティアセンター、地域包括支援センター関原、足立福祉事務所(中部第一福祉課、中部第二福祉課、千住福祉課、東部福祉課、西部福祉課、北部福祉課)、江南区民事務所。

申請方法

受付窓口に申請書がありますのでご記入後、車いすをお持ち帰りいただくことができます。申請時には住所の確認できるものをお持ち下さい。(印鑑は必要ありません)

車いすのタイプは自走型と介助型がありますので、窓口にてご相談ください。

自走型
タイヤが大きく、自分で回す(進む)ことができます。タイヤが大きな分、安定します。
介助型
介助する方が、後ろから押して進めるタイプ。タイヤが小さいので旅行等に便利です。

生活支援課

  • 住所:〒120-0011 足立区中央本町1-17-1 足立区役所南館11階(Google map
  • 電話:03-3880-5740
  • ファックス:03-3880-5697
  • 受付時間:月曜日から金曜日(土、日曜日、祝日、12月29日から1月3日を除く)午前8時30分から午後5時00分まで
  • 貸付相談は、個々の生活状況の聞き取りが必要なため原則面接相談に限らせていただきますので、メールでの問合せはご遠慮下さい。

広報誌

広報誌 一覧

あだち社協

adachi65

ボランティあだち

LINEスタンプ