足立区社協のお仕事

権利擁護センターあだち

権利擁護センターあだちとは?

権利擁護センターあだちでは高齢になったり、障がいを持ったりしても、住み慣れた地域であんしんして生活ができることを目的に以下の事業を行っています。

主な事業内容

高齢者あんしん生活支援事業

将来、もしものときに・・・、入院・入所等の保証人になってくれる人はいますか?
この事業は、そんな不安を解消するお手伝いをします。ひとり暮らしで親族の支援が受けられない方と事前に契約し、入院・入所時に保証人に準じたお手伝いをします。判断能力の低下や死後の準備など将来直面しうるリスクにも備えます。
利用にあたっては、預託金をお預かりし、緊急時に支援いたします。契約していれば、いざというときに安心できるサービスです。

地域福祉権利擁護事業(福祉サービス利用援助事業)

認知症や知的障がい、精神障がいなどによって、必要な福祉サービスを自分の判断で適切に選択・利用することが難しい方を支援する事業です。権利擁護センターあだちの専門員と生活支援員が、定期的に訪問し、福祉サービスを利用するにあたって相談・手続き等のサポートや日常的な金銭管理をお手伝いします。

成年後見制度支援事業

成年後見制度とは高齢や精神上の障がいにより判断能力が不十分で、法律行為における意思決定が困難な方について、本人の権利を守るために選任された成年後見人等により、ご本人を法律的に支援する制度です。
権利擁護センターあだちでは、制度に関する説明・周知、申立て支援、あだち区民後見人(市民後見人)の養成などを実施しています。


権利擁護センターあだち

  • 住所:〒120-0036 足立区千住仲町19-3(Google map
  • 電話:03-5813-3551
  • ファックス:03-5813-3550
  • 受付時間 :月曜日から金曜日(土、日曜日、祝日、12月29日から1月3日を除く)午前8時30分から午後5時15分まで
  • 具体的なご相談につきましては、詳しい状況の聞き取りが必要となるため、原則電話や来所でのご相談に限らせていただいております。ホームページからのお問い合わせはご遠慮下さい。

広報誌

広報誌 一覧

社協だより

ボランティあだち

LINEスタンプ