ささえあいブログ

再開できる時をみんなで心待ちにして

  • 2020年08月11日

【竹ノ塚】みんなのおうち

ふれあいサロン「みんなのおうち」は平成17年から活動を開始し、今年で15年目を迎える多世代交流型のサロンです。現在はコロナの影響により休止していますが、毎回、開催予定日にスタッフが休止を知らせるチラシを入口の扉に貼り、参加者にお知らせをされているそうです。親子連れの参加者から「チラシを見るとサロンはやっていないけれど、団体としては続いていると思えて安心できる」と言われるそうです。コロナ禍で直接人に会えなくても、地域の人と人の繋がりを大切にされている、そのエピソードに目頭が熱くなりました。2020年2月から、開催中止を知らせるために、毎回スタッフが開催会場の扉に貼っている〈お知らせ〉「落ち着いたらすぐにでも…」と代表の大友さん

2020年2月から、開催中止を知らせるために、毎回スタッフが開催会場の扉に貼っている〈お知らせ〉「落ち着いたらすぐにでも…」と代表の大友さん
この日もサロン再開に向けた打合せを社協職員と行いました。はやくコロナが収束しますように・・・
手作りマスクを作り、みんなのおうちスタッフや社協職員にプレゼントしてくださった並木さん(写真左)

取材メモ

コロナ禍でできないことの中に、できることを見つけ行動される姿に、私も背中を押されました(渋谷安重、田谷典子)

広報誌

広報誌 一覧

あだち社協

adachi65

ボランティあだち

LINEスタンプ