ささえあいブログ

こども食堂ひよこ(足立区足立)をリポーター4名が取材しました

  • 2020年12月23日

こども食堂ひよこをささえあいリポーターが取材しました

令和2年10月27日(火)足立区足立にある「こども食堂ひよこ」を取材しました月二回、火曜日に開催しているという「こども食堂ひよこ」は、毎回30名近くの参加者に食事を提供しています。現在は新型コロナウイルス対策を万全にしていて、食事を伴う活動なので1回の開催で10名ずつに時間ずらしたり、こまめな消毒を行ったり、食器はすべて使い捨てのものを使用しているそうです。代表の岡田さん、三田さんは「コロナで大変だけど楽しんでやっています。ごはんを食べて子どもが喜んでくれることが嬉しい」と話していました。

『From smile to smile!』

9月に立ち上げたこども食堂。新型コロナウイルスの影響で地域での活動が自粛する中、なぜ新たにこの活動を立ち上げようと思ったのか聞いてみると「新型コロナウイルスの影響で、あちこちで活動が自粛されているが故に、なおさらコロナ対策を万全なものにして、必要とされる子どもさんたちのためにやらなくては、と強く思ったので」とのことでした。

「笑顔!笑顔にさせる笑顔が大切!」と話す “こども食堂ひよこ”代表の岡田さんと三田さん

この活動のエネルギー源は「とにかく、喜んでくれる小さな子どもさんとお母さんの笑顔が、こども食堂の中で最高に幸せなことで、また頑張ろうと元気になります」と嬉しそうに話されていました。また、普段の食事では苦手で食べられない食材もこども食堂ひよこで食べることで少しずつ変化していくことが「この活動を始めてよかった」ことの一つでもあるそう。
活動を通して代表のお二人がとくに大切にしていることは「ただお腹を空かせている子どもさんたちに食事を食べてもらうだけでなく、常に新鮮な材料を使い、手作りで温かい家庭の味で食事を楽しく提供し、食事を通して子どもたちの心豊かな成長を楽しむこと」とのことでした。

ささえあいリポーターとは

ささえあいリポーターは区民リポーターです。足立区内の地域福祉活動を取材し、リポート等を作成しています。

広報誌

広報誌 一覧

社協だより

ボランティあだち

LINEスタンプ